スポンサーリンク

シニアのリアルな日常生活に必要な【きょうよう/きょういく】とは?

70歳の健康と暮らし

気を張る場面がなければ、人間ふやけてしまう!

スポンサーリンク

“気楽„は人間をふやけさせ老化へまっしぐら!

歳をとったら気楽に暮らしたいなー

仕事を辞めたら、気を使うこともなくなる、のびのびと暮らせるなーと思っていた。

 

ところが実際にそうなってみて分かることは、

本当にそうなったら、人間ふやけてしまう💦💦

気を張る場面がなくなると、老け込んでいくことを実感する。

“きょういく/きょうよう

歳をとったら、「きょういく・きょうよう」が必要と言います。

教育と教養ではありません。

きょういく:今日、行くところがあるという意味

きょうよう:今日、用事があるという意味

実際、高齢になり、一人暮らしになると一日、誰とも話をしないことも多くあるものです。

会社を退職して、子供も巣立ってしまうと一人になるシニアが今は多いという。

これが実は、深刻な社会情勢になっているらしい。

スポーツクラブへ行くのは女性だけ

女性は、柔軟性があって、環境が変われば何とか友達をつくり、ネットワークを広げることもできるが、深刻なのは男性だといいます。

 

スポーツクラブへ行くのも、女性は積極的に行くけど、男性は運動不足を感じていても、スポーツクラブへは行かない。

新しく人と交わろうとしない。面倒くさがる。

 

そう言えば、私の妹も長年女性専用のフィットネスクラブへ通っている。

定年退職した夫に、スポーツクラブへ行けば、友達もできるし、体力がアップするからと勧めているが、一向に行こうとしないと嘆いている。

まさに、会社を定年退職してのんびりと暮らしている。

テレビをよく見ているらしく、テレビの情報にも詳しくなった。

きょういく:今日行くところがない日々である。

手抜きできない環境は“ありがたいこと!

少しでも仕事があれば、ファッションにも気を使い、ヘアーメイクにも気を使う日があります。

私の場合、美容の仕事なので、特に手を抜けないのです。

これは“ありがたい事„なのですね。

きっと仕事がなければ、手抜きをしてしまうかも知れない、と思うと怖い!

 

高齢者は自ら、今日行くところ、今日する用事をつくろう

美容でなくても、仕事があれば、また何か運動でもいい、今日行くところをつくることができれば、若く元気でいられると思うのです。

 

私も仕事がない日は、フィットネスクラブへ行くようにしています。

 

高齢になったら、自ら今日行くところ、今日する用事をつくっていくことがとても大切だと感じています。

それが若さ、健康維持に必要なことだと痛感しています。

インフルエンザ予防に鮭がいいって知ってましたか?

タイトルとURLをコピーしました