スポンサーリンク

70歳、リアルな日常生活のダメージ

70歳の健康と暮らし

70代前後、運動不足で転びやすくなる。

スポンサーリンク

運動不足で転びやすくなった

意識するようになった3つの変化

日常生活で、特に意識するようになったことは3つ。

・睡眠の管理

・歩く時、周りや自分の足元に注意する

・運動を日常化する

 

体調管理:睡眠不足の影響モロに!

睡眠の質が落ちてくるので、少し神経質になるほど睡眠を大切にするようになりました。

・理由もなく眠れない日もあります。

・睡眠不足の翌日は、とても辛いです。

・一日中、体調が思わしくない!

・睡眠不足の日は、気分も落ち込みがちです。

 

運動不足で転びやすくなった

近年3度転んでいる

・1度目は、信号ではない道路で横断しようとしたとき、

転んでしまった!

横を見たら、車がいた、怖い!

痛さよりも、恥ずかしさでいっぱいになり、抜けた靴をさっと履いて、外れた眼鏡を拾い何事もなかったかのように振る舞い、とりあえず建物の中に入った。

鏡で顔を見たら、眼の横に血が流れていた。今も傷跡が残っています。

眼鏡も折れ曲がってしまった。メガネ屋さんで直していただきました。

スゴイですねーメガネ屋さん。あんなに折れ曲がったものでも直してしまうんですから・・・

フレームに残った傷だけは仕方なく。

脳のCTも撮りましたが、異状はなく、ホッとしました。

それ以来、信号のないところでの横断は絶対しません。当たり前だけど・・・!

 

・2度目は、学生さんが自転車でぶつかってきた!

きっと建物の脇から出てきた時だと思います。

スマホを見ながら自転車に乗っていた学生さんが、思いっきりぶつかってきた。

このときは起き上がれない程「痛いーーー!」って

こんな時、警察にでも連絡するのかなー?

でも起き上れたし、学生だし、大げさにするのも可哀そう!

と思って、ゆっくり歩きながら家路にたどり着いた。

 

・3度目は、フィットネスクラブの前で足をくじいて転んでしまった。

そのまま、フィットネスクラブへ入ったが、膝に傷を負い血も出ていたので、スタッフの方がビックリして包帯を巻いてくれた。

それ以来、「最近転んでいない、大丈夫?」ってよく声をかけられる。

 

足腰が確実に弱っていることを、実感しました。

積極的な運動を生活に取り入れなければ、筋力が低下していきますねー。

フィットネスクラブへ、もっと積極的に通わなくては!と思いました。

タイトルとURLをコピーしました