スポンサーリンク

高齢者の食事にランチョンマットではなくお盆!

70歳食の楽しみ

今流行りのランチョンマットではなく、お盆が必須!

スポンサーリンク

ランチョンマットではなく、お盆がいい理由

朝は、野菜とパン、珈琲をこの黒の楕円形のお盆に置きます。

夕飯は、赤の丸い形のお盆に置く、これが私の日課です。

 

平らなお盆ではなく、浅い渕のあるお盆が必要なのです。

キッチンからリビングに運ぶとき、傾いてモノが落ちたりしないためですね。

食事はお盆が必須!一番楽ちん

お盆を使った流れ

・キッチンで準備した食べ物を、お盆に入れます

・そのお盆を、リビングのテーブルに運びます。

・食べる時もお盆のまま頂きます。

・食べ終わり、片づけるときもこのままキッチンへ運びます。

お盆を使うことで、安全と時短が得られます。

 

朝、使うお盆

朝、使うお盆は、もう何年も使っていて年季が入っていますねー。シミや傷もいっぱい(笑)

でも、大きさや形が使いやすいので、やっぱり使っている―

朝は黒ですが、夕飯には赤が気分がいいのです。

最近買い替えたので、まだ新しい

 

夕飯のお盆は赤

夕飯時には、明るさと元気な気持ちを維持したいので、赤のお盆を使います。

今日も一日終わったー!というひとり宴会の気分、せめて赤で盛り上がる😅

この三日月の形も気に入っています。まん丸より使い勝手がいいです。

赤は、脳内から幸せホルモンのセラトニンが分泌されるので、元気が湧いてくるのです。

 

このお盆を使うもう一つの理由は、大きさです。

お料理は、ココに乗るだけの量しか食べないようにしているのです。

私は、洋服以外にも赤をポイントに使うことが好きですね。

赤はそこに置くだけで雰囲気が変わり、華やかさを出してくれるものです。

赤の存在感は大きいです。

 

ランチョンマットではなく、お盆で完結に!

リビングテーブルに、ランチョンマットを置いて、食事をするご家庭が多いと思いますが、

キッチンからリビングテーブルへお盆で運び、そしてお盆から一つひとつ出して並べて、頂いたら、また一つひとつお盆にのせて、キッチンへ運ぶのが面倒に思えてきたのです。

お盆で全て完了する生活

・お盆で運び、

・お盆のままいただいて、

・終わったらお盆のまま運び、流し台へ

 

一人になってからか、高齢になったからか、

きました。自然に・・・

・安全が優先

・面倒なことはしたくない、

この二つが生活の優先順位になりました。

70歳の気力と体力が、そうなってきたのでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました