スポンサーリンク

整理収納 キッチンカウンターの小物をスッキリと置く

70歳の健康と暮らし

キッチンカウンターを、スッキリさせて作業効率をよくする。

スポンサーリンク

カウンターはキッチンの顔

生活感そのものが出やすいところがキッチンですが、カウンターには、つい“ちょっと置いてしまう„という事が多くなるものです。

このカウンターで、キッチンの見た目は全く違ったものになると思います。

カウンターはキッチンの顔だと思うのです。

 

どこからも見えるキッチン

我が家は、廊下からキッチンに入るドアは常に開放しています。

リビングから入るところにも、ドアやのれんなどはありません。

つまり、廊下からもリビングからもキッチンは丸見えです。

来客時にはリビングから見えています

カウンター

カウンターの正面には、キッチンタオル、テッシュペーパーの他に、鍋敷きを一つだけ置いています。使ったものは直ぐに収納するようにしているので、いつも何も置いていません。

シンクの脇

三角ゴミを、シンクの中には入れていません。

シンク脇の処に、下の画像のようなグッツを買い、スーパーで頂くビニール袋をかけて使っています。

毎日、袋を取り換えるだけで、清潔に保つことができて気に入っています。

形も自由になります。

ビニール袋

ビニール袋は何かと便利なもので、常に使いますねー。

スーパーでレジの方が入れてくださる時のように、袋を手繰り寄せたものを100均の容器に入れて置きます。

ビニール袋は、たたんでしまったり、いくつかの方法を試しましたが、私には、この方法が一番使いやすいです。

その前に置いてある四角い透明なケースは、キッチンの小物を掃除する時に使うブラシ類です。

ゴム手袋はアクセントに

手荒れ防止のためには、ゴム手袋をしなきゃと思っていても、私は忘れることがあります。それを防ぐためにも、正面に掛けるようにしました。

赤なので、アクセントになりました。

洗ったお皿を、数枚立てておけるように、木製のラックのようなものを置いています。

この棚に乗り切れなくなったら、次々と拭いて脇に立てて置くか、拭いてしまってしまいます。

 

カウンター両脇にはブラウンのタオルを

カウンターの両脇のスペースには、キャビネットと同じブラウンのタオルを敷いています。これはとても重宝します。

ガス台側には、モノを一切置きません。

油ハネをしても壁を拭くだけで済みますし、火を使うので危険なこともあり、

ガス台を使った後、いつでもサッと拭けるようにしていたいので・・・。

 

スーパーで買った食材の入った容器を洗った後に、ココに置いて乾かします。

パックを洗った後、溝が乾くまでココに置いて乾かすのにも便利です。

タオルを置いた理由は、汚れやほこり防止でもあります。

しずくがたれやすいものを一時おく時に、このスペースがを便利に使えています。パックの細い溝などは洗った後、乾きにくく直ぐにはかたずけにくいものですね

洗い桶を置かないので、一時置き場として何かと重宝しています。

 

タイトルとURLをコピーしました