スポンサーリンク

台風被害、想像して怖かったが電話でホッとする

70歳の健康と暮らし

テレビ情報で、電話をかけることをためらうが

スポンサーリンク

千葉県、広範囲の被害情報に☎するのが恐い

テレビからの情報で見る限り、千葉県の台風はかなりの被害が放映されていた。

もし、その中に友人がいたらどうしょう!

 

テレビで情報が流れると、地域名ばかりを探し、友人の地名がないか?

もし、近くで遭遇していたらどうしょう!

直ぐに電話をして、確かめたかったがあまりにもリアルな放映を見て、想像すると、怖くてなり、電話できずにいた。

 

電話をためらい数日経った

今日は電話しようと思っているのに、気がついたら夜に・・・もし停電だったら夜かけたら迷惑になる。

友人が大変な被害に遭っていたらどうしょう、何て言葉をかければいいの~

親戚は多いお家だから、助けてくれる人はいるでしょうけど・・・。

こんな時、いつもなら直ぐ☎できるのに・・・

今回ばかりは色々考え過ぎてしまい、台風から何日か過ぎた頃にようやく電話をかける始末。

 

元気な友人の第一声に安心!

友人の第一声に耳を傾ける・・・?

いつも通りの明るい第一声だった!あ〜先ずは一安心!

4日間の停電があったり、屋根の瓦が数枚落ちたが、被害はほとんどなく元気だという事だった!

周りの友人も、元気に暮らせているということを聞き、本当に安心した!

直ぐにかけていれば、私ももっと早く安心できたのに・・・。躊躇していたことがバカだった!

本当にいつ何が起こるか分からない!

備えを!と言っても何が・・・?

タイトルとURLをコピーしました