スポンサーリンク

ミニマリスト、買うより今あるモノを慈しみ大切に使い切ろう

70歳の健康と暮らし

歳をとれば、家の中にはたくさんのモノがあふれている。

たくさんのモノ、それ全部必要?

 

スポンサーリンク

流行に刺激され買っていた時代を終わらせよう!

団塊の世代を生きてきた私たちは、常に時代の流行に刺激され、次から次へと買い物をし、意気揚々と暮らしてきた時代がありました。

大して着てもいない、洋服の山、

数回しか手を通していない、ジャケットやインナー

 

せっせと着なきゃと思っていても、

定年後には、着るものが違ってきている。

固い雰囲気のものはもう着たくない!

 

今は、着たいものが違う!

柔らかな、肩の張らない楽なセーターやインナーにしか手が通らなくなった。

捨てるのが惜しくて、何年もタンスの肥やしに!

上質なものだとつい捨てるのが惜しくて、捨てずに何年も箪笥の肥やしになっている始末。

結局、着ないのに・・・

 

来年は着るかも知れないからと、とって置く。

来年着る可能性は。何%あるだろうか?

どんどん、形は古くなるのに。

 

こうゆうものが溢れてクローゼットやタンスが満杯

 

使わなくなったもの、不要になったもの、とっくに要らなくなったものまで、そのまま、ストックしていないだろうか?

クローゼットに着たいものが直ぐ取り出せる

タンスやクローゼットが一目瞭然で今、着るものが見渡せるならどうでしょう!?

 

今の生活に必要なモノだけで暮らせたら、生活は随分スムーズに、ストレスなく暮らせるだろうか?

 

新しく買うより、今あるモノを大切に使おう!

私の課題、2年間着ていないものは断捨離しよう。

そして、新しく買うことは極力避けてみよう。

 

“素敵!と思って気にいって買った洋服だもの

もっと慈しんで着なくちゃ!

 

洋服も、もっとしっかり着てほしい筈だ。

残った洋服を、大事に着る工夫をしてみよう♪

 

タイトルとURLをコピーしました