スポンサーリンク

70歳のミニマリスト、十分元気な今、真剣に考える

70歳の健康と暮らし
spring abstract background grass and flowers

ミニマリスト・・・

私にとって、これが必要なことなのか?

私に、これができるのか?

今、必要なのか?

スポンサーリンク

新しいライフスタイルのワード「ミニマリスト」

ミニマリストとは、

自分にとって、必要最小限の物だけを持ち、小さく暮らすこと。という、新しいライススタイルとして出てきた言葉だ。

「最小限」という意味のミニマル(minimal)から派生した言葉

 

バブル時代を経験し大量生産・大量消費を、背景にして、豊かな暮らしを続けてきた私たち

最早、多くのものに埋もれ過ぎてしまい

今本当に大切なものや、自分にとって必要なものが、見えにくくなっているかも・・・

 

そして、「ミニマリスト」という言葉に共感を覚える人たちが、増えているのでしょう。

 

大量な持ち物は、便利さより生きづらさになった

多くのものに囲まれるあまり、便利さよりもかえって、生きづらさを感じる人たちが増えてきたのですね。

物があふれた状況では、その中にある、“今必要なものが見えないという状況になっているということ。

 

それを探すのに、時間が必要、無駄な時間ですね。

直ぐに見つからなければ、同じものをまた買ってしまうという現実に

生きづらさを感じ始めたわけですね。

 

なければ、探すこともないのに“どこかにある筈„という思いが時間とお金を無駄に使ってしまう。

 

断捨離:必要なモノに直ぐ手が届く心地よさ

断捨離という言葉が流行り、10年ほど経ったでしょうか?

身の周りを整理して、自分にとって不要なものを思い切って捨てるというための言葉でした。

 

結局ここに行きつくわけですが、

モノを整理する、捨てる。

この方が、豊かに暮らせるというミニマリストの考え方ですね。

 

断捨離は、「捨てるという行為」を意味するのではなく、

自分が“こうありたいという姿„を追究する上で、「そこにある邪魔なものを、排除する」ということではないでしょうか。

 

邪魔なモノ=今必要ではないもの

目の前に必要なものだけあれば、そこに直ぐ手が届きます。

そのシンプルさが心地よい訳ですね。

 

私なりのミニマリストは?

ミニマリストの考え方をまとめてみて、自分が果たして必要なのか?

果たしてできるか?を真剣に考えました。

時代のワードに、踊らされてはいないか?

 

しかし、70歳を過ぎた私はいつまでモノを置いておくのか?

何をどこにしまったのかも、忘れがち。

物欲も、だんだんなくなってきた。

 

衝動買いも、以前に比べれば少なくなった気がする。

環境も変わり、必要なものが違ってきているし・・・

 

万が一の時、周りが困らないように

いつ何が起きても、周りが困らない暮らしを見える化にしよう!

そうしないと、残った人に迷惑をかけ、迷わせてしまうことになる。

 

頭がしっかりしていて、モノの判断がちゃんとできる今が、ミニマリストの時かも知れないから♬

 

私のミニマリスト、ココを大切にしたい!

✤雰囲気は大切にしたい!

シンプルはいいけど、殺風景な雰囲気は寂しいので、雰囲気だけは大事にしたい!

✤必要なモノを探さない、手が直ぐ届く配置に!

✤全てを見える化にしたい!

無駄を排し、必要なモノを選び、見える化して一目で分かりやすくする。

居心地のいい、ライフスタイルを目指そうと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました