スポンサーリンク

高齢者の瞼に描きやすい!痛くないアイライナー見つけたー!

70歳の肌とメイク

シニア女性のアイメイクに必須のアイライナー

ハリが無くなった瞼に、描きやすく痛くない

アイライナーを見つけた!

スポンサーリンク

描きにくいシニアのまぶた、痛くないアイライナー

先日、近くのソニープラザで、変わった色と

デザインで主張しているコーナーがありました。

アイライナーやマスカラを、ディスプレー

している、コーナーですね。

モテマスカラのフローフシの新ブランド「ウズ」

モテマスカラを使ったことがある方なら

直ぐにピンとくると思いますが、

モテマスカラは、フローフシという

メーカーが発売しています。

そのフローフシが、この春に新ブランドの

UZU(ウズ)を立あげています。

筆が描きやすいウズ “アイオープニング ライナー„

私が見つけたのは、その“UZU(ウズ)„の

アイライナーでした。

「ウズ アイオープニング ライナー」

筆がもの凄くなめらかで、描きやすいったらない!

シニアの描きにくいアイライナーの問題

シニアのメイクでは、アイライナーは

必須アイテム。

ハリが無くなり、落ちてくるまぶた

目が小さくなり、寂しい感じに!

目元は、年々変わっていきますから

創意工夫が必要なのです。

眼瞼下垂のまぶたにもアイライナーを描き、

ハッキリさせる方が、目元がスッキリとハリを

感じるメイクができます。

かぶさってきている瞼は、薄くなり、

描くと、一緒に皮膚がよれてきて

ホントに描きにくくなります。

使うアイライナーは、ペンシルが痛かったり、

筆ペンだと、周りに直ぐについてしまったり

と結構大変ですよねー

シニア瞼、アイライナーを引くコツ

このアイライナーを、縦に使うのではなく

下のように筆を横に置いて、

まぶたの生え際に沿って、筆を寝かすように

描くと簡単に描けます。

瞼の中央から目尻を上げぎみに描くと

柔らかくて、キリッとしたラインが引けます。

「大和匠筆byフエルト」という新素材を

採用したソフトな描き心地を実現したようです

水、湿気、皮脂に強くて、描くと即乾きます。

時短、即乾・お湯で簡単に落とせる

一般的なウォータープルーフでは、ラインを

引いて乾くのに、10秒とか20秒とか“待つ!

これが普通です。

ところが、これは描くと同時に乾く感じです。

瞬時に乾きます!

待つ必要が一切ないのです。

ビックリしました!

落ちないし、でも落とす時はぬるま湯で

簡単に落ちる!

14色で年齢、人種、性別越えて楽しめる

このメーカーの特徴は、一つのアイテムに

対して種類がとても多いことです。

この、ウズ アイオープニング ライナーも

14色あります。

世界を相手にし、人種や性別、年齢を越えて

誰もが楽しめるできるように、

というコンセプトのようですが。

色は、ブラックを購入したのですが、

液体のブラックは、墨黒と言うか黒を越える

深い真っ黒過ぎて、ザ・ラインといった

仕上がりになってしまいます。

ゆるんだ瞼には、もう少し柔らかなラインを

引きたいと思って・・・

ブラウンブラックを購入してみようかと

思っています。でも、うれ切れているかも・・・

価格が買いやすく税別で1,500円です。

容器デザインも素敵!

容器もとてもお洒落な、黒とオレンジ

六角形の斜めかット、文字もオレンジで素敵!

全国の駅のショッピングセンターや、

ソニプラなどに販売されています。

アマゾンでもどこでも買えます♬

タイトルとURLをコピーしました