スポンサーリンク

頭皮のフケ2タイプの正体、原因と対策 湯シャンで解決するのか?

70歳のヘアー

私は、毎日湯シャンを実践しています。

友人に、湯シャンのことを話していたら、

「フケ症でも湯シャンがいいのか?」

と質問があり、“フケ„について考えてみました。

スポンサーリンク

フケの正体は、ターンオーバーできなかった古い角質

頭皮も皮膚と同じです。

フケの正体は、“古い角質„です。

 

普通は、古い角質がはがれ落ち、新しい

細胞に生まれ変わるというターンオーバー

のサイクルがあります。

 

このターンオーバーが正常に行われてさえ

いれば、フケは、垢のように小さなもので

洗髪で洗い流されます。

フケが、異常に多くなるということは

ありません。

ターンオーバーが正常でなければ“フケ„がたまる

ところが、このサイクルが低下すると、

異常なフケが起きる。

また、頭皮が乾燥すると、

バリア機能がはたらかなくなるため、

正常なターンオーバーができなくなる。

 

そのために、乾燥性のパサパサしたフケが溜り、

落ちるようになります。

 

フケ2タイプの原因と対策

パサパサしたフケ【乾燥性】

乾燥した頭皮は免疫力が低下し、

ターンオーバーのリズムが正常ではなくなります。

 

異常に早すぎて、まだ未熟な角質細胞が

剥がれ落ちるようになります。

 

乾燥肌の人は、皮膚と同様に頭皮も

乾きやすくなっているので、

乾燥したフケが発生しやすくなります

 

原因

✤過度(頻繁)なシャンプーによる頭皮の乾燥

✤洗浄力の高いシャンプー剤で、皮脂を必要以上に取り除かれてしまうため

頭皮が乾燥してフケが起きます

 

対策

頭皮の乾燥を防ぐためにも、湯シャンが効果的だと思います。

シャンプー前のブラッシングを忘れずに!

湯シャン、シニアの髪に必要な理由は保湿成分を残す洗い方だった!

ベトベトしたフケ【脂性】

頭皮に汗や皮脂をより多く発生するため、

脂性のフケが発生しやすくなります。

湿ったベトベトしたフケが起きます。

 

大きな塊のフケが、出ることもあります。

頭皮に、べっとり張り付いたようなフケが、

できることがあります。

 

原因

✤シャンプーがきちんとできていない

✤すすぎが不十分で、シャンプー剤が頭皮に

 残っている。

✤たまたま、ストレスが重なっていたり、

食生活が乱れていたり、睡眠不足になって

いるため、起こることもあります。

 

対策

このタイプの人は、

✤まずシャンプーをする前に

ブラッシングをしっかりして、

表面に浮いているフケを落として

から、シャンプーをすることが大切だと

思います。

 

湯シャンをするにも、この前提は必須条件です。

✤そして、すすぎを十分行いシャンプー剤を

残さないことが最も大切です。

 

湯シャンは、シャンプー剤を残すことが

ないので安心です。

 

頭皮が敏感に感じたら湯シャンがお奨め!

洗浄力の高いシャンプー剤は避けた方が

いいと思います。

シャンプー剤に配合されている界面活性剤が

刺激になることがあります。

“頭皮が何だか、敏感になっているな〜!

と感じたら、是非、湯シャンをお奨めします。

 

タイトルとURLをコピーしました