スポンサーリンク

70歳の“パサつく髪「毛染め中止」「湯シャン」でツヤが戻った体験話

70歳のヘアー

シャンプー剤を使わない “湯シャン„

に切り替え、1年~1年半ほどになる。

 

スポンサーリンク

白髪と黒髪混在だけど、ツヤが出ている!

シャンプー剤を使わない、湯シャンでの

シャンプーに切り替えて、多分1年か、

1年半くらいになると思うけど・・・

 

最近、白い髪を鏡でしげしげと見てみたら、

なんと、ツヤが出ているぅー!

いつ頃から、ツヤが出はじめたのか

分からない?

 

皮脂を取り過ぎない湯シャンで洗っているだけ

特に、整髪料をつけてもいない、

特に、ケアは何もしていないけど・・・

 

シャンプー剤を使わなければ、皮脂を

取り過ぎることがないので、

リンスも何もしていない。

自力で、バリア機能がはたらいて

保護してくれるから。

 

湯シャンで毎日、きちんと洗うだけー。

パサパサに見える白髪とのミックスヘアー

私の髪は、グレイヘアに向かっています。

現在の状況は、白髪と黒い毛が

入り交ざっています。

 

白髪と黒い髪が入り交じったヘアーは、

全体に見るとどうしても

乾燥してパサパサの髪に見える!

 

グレイヘアに向かうために、

毛染めをやめた今、

“早く白髪が増えろー„と思っている。

 

髪全体が白髪になり切るまで、時間がかかる。

ここまでが辛抱のしどころなのだー。

 

白髪と黒髪ミックスだけど、何とかツヤが

戻ればいいな〜と思い、

シャンプーを湯シャンに切り替えたから

ツヤが出てきたのかなー?

 

ツヤの原因は2つしかない

✤ 毛染めをやめた!

✤ シャンプー剤を使わなくなった!

この2点しか考えられない

 

この歳で、自然に髪の質がよくなるなんて

ことはない筈だから。

やはり、毛染めの負担、シャンプー剤の負担は、

まぎれもなくあったのでしょう。

 

完全にグレイヘアに達するまで、

ツヤだけはキープしたいと思っている。

真っ白になったら、その時はどうなる?

 

もう、シャンプー剤を使うなど、

戻ることはないでしょうから、

髪にも頭皮にも負担になることは、

もうしない!

 

化粧品も薬同様、副作用が起きうる!

今は、組織で仕事をしているわけではない

ので本音で言えるのだけど、

 

化粧品は水と油の化学なので、人間の皮膚に

心地よく使えるような商品をつくるためには、

どうしても矛盾が、必要な矛盾が・・・

 

薬に副作用が必ずあるのと同じように

化粧品にも副作用は起きるものなのです。

 

若い肌では、機能が十分はたらけるので、

大丈夫だけど、

シニアの、機能が低下した頭皮や肌には

負担になることが多い。

健全なケアで健やかな髪を保ちたいと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました