スポンサーリンク

「梨」収穫時期の予定、新高梨を選ぶ理由、不作だからか対応も不作!

70歳の健康と暮らし

毎年、贈っていた梨の贈り物

今年の梨、不作のようだけど、

販売店の対応も不作!

スポンサーリンク

電話にでない?直接行って見る

梨の注文に、いつもの販売店に出掛けようということに。

出かける日が日曜日だったので、念のため電話してからと思い、

電話をかけたが、一向にでない!

数回かけても同じ。

 

毎年、「梨のご案内」のハガキがくる。

収穫の案内に、日にちが書いてあるので、その日はいるでしょう!

そうとも限らないの~?

 

収穫時期予定ご案内のハガキ

✤ 幸水の収穫予定:8月3日〜8月25日頃迄

✤ 豊水の収穫予定:8月22日〜9月15日頃迄

✤ あきづきの収穫予定:9月5日~9月30日頃迄

✤ 新高梨の収穫予定:9月25日〜10月12日頃迄

 

時間をおいて、出先からも3回かけても出ない、

とりあえず、妹夫婦と行ってみた。

 

なんと営業しているではないか!

例年に比べて、そんなにお客様が多いわけでもない、

 

いるのに電話に出ない!

目の前でも、電話がジャンジャンなっているが、誰もでない!

どうして出ない?

商売する気ないのかー?

「どうして出ないのー?」って言ってみようかと思ったけど

ま、いいか!出たくないんだから、とやめた!

配慮ナシの対応にガッカリ

「済みませーん!送っていただけますか~?」

「はい、じゃ書いておいてください。」と言われ

置いてある宅配便の用紙に宛先を記入する。

 

その間、家族やお手伝いに来ている女性たちが、テーブルで5.6人囲み、お茶タイムを始めた。

あ〜こちらも、咽乾いたな〜と思いつつ眺めていたー(笑)

我が妹いわく「お客さんより、お手伝いに来てる人の方が大事なのねー、そうねー大事にしないとお手伝いに来てくれないもんね!」と。

 

家族でやっていて、昨年までは、私にはお嫁さんがよく対応してくれていた。

宅急便も、「沖縄だけは高いので郵便局の方が安いから、これに書き換えておきましょうか?」

 

といって配慮してくれていたが、今年対応してくれた多分70歳くらいの母上は、「みんな同じだから」と言ってそのまま処理しようとする。

 

宅急便料金差の配慮くらいしてよー

「沖縄、いくらですか?郵政はいくら?」

聞いたら、600円以上も差がある。

 

それを無視するとは…何?

商売やる気ないな〜

全くない!

宅急便用紙を書きなおした。

 

行けない時は、faxで送先を送信して注文していた。

以前、行ける時は行って注文していたが、

そのときは、1箱に対して、1個以上持たせてくれた

※売ることはできないが、味は変わらない欠陥品を。

 

今回、担当してくれた母上は、その半分以下を袋に入れてくれた。

時期が幸水だけど、小さいし…傷も…

 

あー、ただで頂くものに、難くせつけるのは良くないかー?(笑)

梨が不作のため、困っているのかも知れないのに〜

おまけをいただけるだけでも、感謝しなきゃいけないなー。

 

新高梨を選定する理由

私は毎年、新高梨を贈っている

新高梨を贈る理由は、3つ

 

1.新高梨は梨の中でも最後の収穫となり、9月中頃から10月中頃に出荷される梨であること。

そのため、お中元の時期と間が空く(お中元と梨、両方を送る相手もいるため)こと。

 

2.他の品種の梨とは別格で、大きくて立派なので贈っても見映えする。

味については、硬めで歯ごたえがある。ただ好みがあります。

そこが、実を言うと本音が分からない!

皆さん「おいしい立派な梨を!」というお礼しか言わないので、

別の品種に変えてもいいんだけど、本当の感想を聞くことができないでいる。

 

3.梨の中でも、一番日持ちするので相手には親切だと思っている。

果物は傷みやすいもの、

この時期に、もし重なったらすぐに食べられないかも知れないから、

日持ちする方がいいと思って。

この3つの要件で、新高梨を選定しているんだけど。

 

梨を販売しているところは、いっぱいありますが、

私が行く梨販売所は、規模が大きく、毎年上記のように梨の収穫日のご案内が届く。

そのため、いつも同じ販売所に行っている。

新高梨の収穫時期に行くとは限らないけど、

早めに行き、宅配便伝票を書いて注文しておき、収穫した時に送ってもらっています。

 

”新高梨の出来„が心配!

この状況だと、新高梨が心配だー。

手配してはきたものの、どんな新高梨が贈られるのだろう?

 

来年から、どうしよう?

来年、不作でなければ他のお店でも検討しようかなー

折角送るなら、美味しい梨を届けたいから。

日頃のお礼に送るのだもの。

タイトルとURLをコピーしました