スポンサーリンク

メイクブラシを洗浄すればメイクが楽にキレイにできる!洗浄方法

70歳の肌とメイク
スポンサーリンク

メイクが上手くいかない?

毎日使っているメイクブラシやスポンジですが、

この頃どうもファンデーションがキレイにのびない!

アイシャドーが濃くなったり、ムラになったりしている

チークがふわっとかけられない😓

 

原因はブラシの汚れ

これらの原因は、メイク道具の汚れが原因として考えられます。

毎日使っているブラシには、油性の汚れがべったり蓄積

されているケースが多いですね。

 

そのブラシで、メイクをしても上手くのびなくて、

とてもキレイなグラデーションには仕上がらない筈!

 

油分がべったりついたブラシは、

酸化した油を毎日顔にのせていることに

なるので、肌にもよくありません。

 

肌には脂分があり、ブラシを使えばその脂分がつきます。

そして、その脂分は酸化した油に変わります。

そして、菌が増殖してしまいます。

ブラシの汚れをそのまま使っていると、

皮膚トラブルの原因につながります。

 

洗浄方法は、簡単ですから是非4日〜5日くらい使ったら洗って

また新しい清潔なブラシを使えば、

キレイなグラデーションがつき、思い通りのメイクに仕上がります。

メイクブラシ、汚れたままでは上手くいかない理由、仕上りに影響!

ファンデーションブラシの洗浄方法

 

 

 

 

決して、ドライヤーを使うのは止めましょう。

自然に陰干しで乾かします。

 

汚れたブラシと洗浄したブラシ

 

劣化・取り換えの目安

正しく使えばかなり持ちますが、

ファンデーションブラシや、

チークブラシは毛が抜けてきたら取り変え時でしょう。

 

斜めカットのファンデーションブラシ

こちらも、斜めにカットされたファンデーションブラシです。

 

これは、肌の上にトントンとブラシを

スタンプのようにつけて移動させて

つけるタイプです。

顔料と脂分とが、先に一杯になると

肌へのつきが悪くなります。

薄めた洗剤にトントンとたたき、手で汚れを落としていきます。

こまめに洗っておきましょう。

ファンデーションのノリが全然違います。

 

ブラシ類は、どれも同じように洗えます。

チップも、手でゴムのところを揉みながら洗います。

チークブラシは、ファンデーション

ブラシと同じ方法で洗います。

 

チークブラシは、毛先が拡がってきたり、

肌あたりが悪くなったら取り換えましょう。

 

劣化、取り換えの目安

✤ チップの表面が硬くなった時、

✤ チップの貼り合わせてあるところが、硬くなった時

✤ ゴムの弾力が失われたとき

✤ ゴム部が切れたり、穴が開いた時

 

ブラシの洗浄は習慣にしましょう。

メイクが、ストレスなく楽に、簡単にキレイにできますよ♪

 

タイトルとURLをコピーしました