スポンサーリンク

大人世代が言う「普通にキレイ!」ってどれくらいキレイってこと?

70歳の肌とメイク
スポンサーリンク

ファンデと眉、髪はドライヤーで少しだけ頑張る!

「感じがいい人」=「普通にキレイ」

感じがいい人って、どんな感じ?

顔も、ヘアーも、ファッションも、そこそこに気を配っている人?

 

メイクは一応しているけど、髪の毛はボサボサとか

洋服はお洒落なんだけど、顔はスッピンだとか。

力の入れ方が偏っていると

人から見た場合、

”キレイ〟の印象からは、遠のいてしまいます。

 

若い内は、肌も張っていて全体の素材そのもののボリュームも、しっかりしているので、何をしてもある程度カバーできてしまいますが、

 

大人世代、パワー不足を補う

私たち大人世代は、顔もボディもハリが失われて、寂しい印象に見える箇所が毎年増えてきています。

 

スッピンの顔でお洒落をしても、着たお洋服が映えません。

全てがありのままでは、パワーがでません。

落ちたパワー不足を補うために、少しだけ頑張りましょう♬

ヘアードライヤーだけはかける

髪の毛もボリュームがなくなっていて、クセ毛も増えてきます。

”寝起き?に間違われないためにも

ドライヤーだけは一応かけておきましょう。

ファンデを塗り、紫外線防止

シミやシワを増やさないために、紫外線から肌を守るためにパウダーファンデーションを塗っておきましょう。

これだけは、シミを増やさないためにも、未来のためにやっておきましょう。

 

眉は、無理に描かない

眉毛がうすいなら、うすい部位だけ描き足しましょう。

濃いなら手を加えず、そのままにして、

形を気にせず、ほどほどにあれば良しとする。

濃すぎるなら、化粧品売り場へ行きプロに眉カットをお願いしましょう。

 

余裕があれば、アイライナーだけ描くといいでしょう。

その分、インパクトは高まりますから。

これだけやっておけば「感じのいい人」になります。

「普通にキレイ」は感じのいい人!

「感じのいい人」やり過ぎがない人

頑張りすぎない!無理しない、ほどほどに頑張る人です

負担のない頑張りだと思います。

 

“色々なところを少しだけ頑張る〟

これが大人世代の「普通にキレイ」だと思いませんか!

 

一生懸命頑張りすぎると、この年代では息切れして、持たなくなることがあります。

自分で納得する範囲を、決めておくこともいいと思います♬

 

タイトルとURLをコピーしました