スポンサーリンク

メイク「目周り・ほうれい線」窪みの仕上げが全方位キレイの底上げ!

70歳の肌とメイク
スポンサーリンク

メイク、目周り・ほうれい線、窪みの仕上げがモノを言う!

60歳肌、窪みいっぱいの処理

60歳以降の肌には、窪みや影がいっぱいあります。

サラッとメイクを仕上げれば、端っこや窪みの部位がファンデーションののばし方が足りず、ヨレてきたり、メイク崩れが速まったりします。

キレイには仕上げたつもりでも、”全方位綺麗〟には見えません。

 

例えば、ネイルを見ても、15日位経つと、爪の端の色がむけてきたり、甘皮が伸びてきます。

爪全体にはきちんと色がついて、デザインが施されているのに、のびて甘皮が4㎜もでてきたら、爪が決してキレイには見えませんよねー

それと同じですね。

 

表情筋が動く目の周りの処理

顔の場合、表情が動く目の周りには、小ジワが、そして大きなシワやたるみもあります。

この部位の処理を、どうするかですね。

 

表情筋のある処は、一日に何回も皮膚が動いているので、ここはファンデーションがヨレやすいところです。

 

ファンデーションはきちんとつけますが、厚塗りもよくありません。

 

きちんとつけて、きちんとのばし切ることが大事です。

 

コメカミから耳周りの処理

コメカミは痩せていると骨がゴツゴツしていたり、くぼんでいたりします。

また、この歳では、シワが多くできる部位でもあります。

シワがある部位は、のばし切ることが重要で、決してそこに厚くファンデーションが、たまったままにならないよう、注意をはらいましょう。

 

眉につながる位置でもあるため、眉尻の上辺りが雑になりがちです。

ほうれい線の溝の処理

ハイライトを入れますが、十分のばし切っておきましょう。

のばしが足りないと、笑うたびに白っぽいハイライトが崩れていき、ヨレていきます。

 

口周りの処理

ここは、ファンデーションさえ、きちんとついていれば、口紅がぐっと映えるパーツです。

ランチの後は、唇の輪郭にも、しっかりファンデーションが取れていないかを確認、

とれていればパウダーファンデーションで、輪郭をカバーしてから口紅をつけましょう。

そうすれば、朝つけた時と同じように、また美しい口元に戻ります。

 

メイクをどこから見ても、きれいに魅せる”全方位キレイ〟を底上げするのは、窪みの処理です。

窪みは見落としがちですが、影となってメイクをキレイに見せる邪魔をします。

目周り・コメカミ・ほうれい線・口周りの処置が行き届いていれば、どこから見られても美しく見えます♬

タイトルとURLをコピーしました