スポンサーリンク

60代、美肌寿命をのばす取り扱い方法に注意! 重力と乾燥の闘い!

70歳の肌とメイク
スポンサーリンク

劣化する重力と乾燥の闘い、今する基本の取り扱い

60歳になると、肌の劣化度がどのくらいに

なるのかって気になりますよねー。

 

人生100年時代って、

あと40年もあるけど、

私たち、あとどのくらい劣化するのかな〜

あるシミ・シワたるみがもっと?

 

昔の60歳と今の60歳の差

昔の60歳は、おばあさん

今の60歳は、働き盛り!

昔、60歳くらいではおばあちゃんって

イメージだった気がするけど・・・

今、寿命が伸びて、50代・60代は

まだまだ「働き盛り」って感じがある。

寿命が伸びたってことは、

のびた分、身体の中身も外見も

昔より若くいなくちゃ、生きて

いけないということになるかも?

 

だってあと、30年〜40年間もどんどん老化が進んで

”ただのおばあさん〟になるだけなら、楽しくも何ともない❣

長生きしても、健康で楽しく暮らせなければ

意味ないじゃな〜い?

劣化が待ってるだけじゃねー😓

 

70代の過ごし方が問題!

あと10年、20年は頑張らなくちゃ!

そのためには健康でいなくちゃ楽しめない!

 

とは言っても気力はだんだん落ちていくから、

そこをどう頑張るかが重要だわ〜😓

残りの人生、気力と重力と乾燥の闘いだー

自然は、重力がある以上、頬の筋肉はたるみ、まぶたは落ちて目は小さくなり、口角は下がり、不平不満顔になる。

怒っていないのに、不機嫌そうに見える。

 

スマホばかりいじっていたり、下を向いてばかり歩く習慣があると、あごがダブつく元になり、二重あごが首の上に重くのしかかる。

 

身体の水分補給と、肌へのケアを怠れば乾燥が増すばかりの肌になっていく!

70代の過ごし方は要注意なのだー

60代のうすい肌、取扱注意

顔も身体も全てが、下にー下にと下がりたがっている60代からの肌は、

特に取扱注意だから!

歌じゃないけど、

だって本当に60代以降の肌は、

薄くなっているし、

乾いていて中々水分を吸ってくれない、

 

それから決して、肌を乾いたティッシュ

なんかでこすってはいけない!

 

よく薄い皮膚のことを白桃に例えられるけど、

あの皮の薄い白桃を触るように、

やさしく、やさしく

白桃は直ぐに傷がつくことを知ってるから

誰もが、触る時は、気をつけて優しく扱うでしょ!

 

肌を触る時は、白桃を思い出してー

本当にデリケートなんだから・・・

優しく、やさしくねー

だから取扱注意となる!

これだけはしっかり守ろう!

取り扱い方次第で、美肌寿命は伸ばせる!

スキンケアはたっぷり、やさしくが基本!

乾かさないこと、オイルでも何でもいいからとにかく乾かさないことは重要

こんな基本的なことができていないばかりに、老化を加速していることが、余りにも多いのが現実です。

美肌の寿命をのばすために、”今する基本の取り扱い方法〟をお伝えしました♬

 

タイトルとURLをコピーしました