スポンサーリンク

大人の肌、”圧倒的に美しく見せる”のは湿度の状態、肌は乾きやすい

70歳の肌とメイク
portrait of beautiful young woman
スポンサーリンク

渇いた肌は危険!化粧水の量は?クリームの量は?

シミ・シワがなくてもカサカサはダメ!

 

大人の肌、絶対的に必要なものは湿度!

歳を重ねても、「あ、キレイな肌をしている〜」

って思う人の肌は、実にしっとりしている。

 

“しわやたるシミなど、

これといったトラブルらしきものがないわ〜この人〟

って思っても、乾燥してカサカサした肌はキレイには見えない!

乾燥した肌は老けて見える。

 

ファンデが厚塗りに見える

乾燥した肌は、ファンデーションも、厚塗りに見える

薄く塗っていても・・・

乾燥は見た目も肌にも、とにかく悪い!

 

朝起きて、先ず白湯を飲んで水分補給

私は、朝起きて直ぐ湯呑1杯の白湯を飲みます。

白湯と言っても、やかんで沸かしたものではありません。

水よりぬるま湯という意味で、

レンジでチンしただけのものですが。

 

寝ている間、汗をかくので水分不足になり

咽がカラッカラですから、起きたらとにかく水分補給です。

夜中にも起きた時には、水分を一口口に含んでまた寝ます。

 

 

人間って、歳とともに水分が減少します。

唇が乾く、手指が乾くなど乾燥を感じるところが

増えていきますね。

当然のごとく、肌だって自然に乾くわけです。

 

からだは、歳と共に乾くもの!

人間が体内に持っている水分量は、

歳と共にどんどん減っていきます。

 

生まれたばかりの赤ちゃんが持つ

水分の量は、体重の約80%が水分です。

触ってもぷりっっぷりですねー。

 

それが大人になれば、約60%に減っていきます。

でも、肌はふっくらしていていますねー。

 

60歳以上になると、約50%にまで減っています。

肌は当然乾燥しますから、カサカサしてきます。

眼も乾きがちになり、

眼の乾燥や口の中の乾燥

血液もドロドロ血液になりやすくなります。

乾燥は身体の中では、様々なトラブルを引き起こしていきます。

 

植物にも水を与えるように、

生き物は水がないと生きていけません。

水分補給は大切なこと!

 

大人の肌をしっかり潤わせるには?

化粧水や乳液、クリームを一体どれくらいつけているのかな〜?

「ベタつくのはイヤなので化粧水のあと、乳液を少しつけている」

こんな言葉を聞いたことが気になります。

 

若い肌ならべたつきが嫌いでもいいけど、

私たち大人世代の肌で、

好き嫌いを言ってる場合じゃない!ってこと。

 

肌が、それでしっとり潤っていればいいのだけど・・・

きっと無理だと思うのです。

 

スキンケア、量が必要!

化粧水の量

化粧水は、肌につけたら“一呼吸おかないと、肌の上にまだある感じ!

という感じまでの量をたっぷり補給しましょう。

美容液は濃度が濃いので、

少ない量でもいいように思うかも知れませんが、

60歳以上の肌なら、美容液でもある程度の量が必要です。

サラッとつけたら、気になる部位だけでも、

もう一度重ねづけをしましょう。

 

乳液かクリーム

乳液は、化粧水とクリームの中間に位置する濃度ですが、

乳液は、たっぷりつけた化粧水の

あとにつけるので、化粧水より少なめでOK!

 

どっちか一つだけにしたいなら断然クリームです。

クリームの方が、優秀な成分が入りやすいからです。

重要な成分は、クリームに配合することが多いのです。

よって価格も高めですが。

 

量も、若い時と同じでは足りません。

パール大と言っても、乾燥度によっては、

大粒のパール大が必要な、超乾燥肌もあります。

 

60歳以降のスキンケアは、高価なものを少量

という考え方はNGです。

一定の商品で・・・継続できる金額のものという意味

たっぷり使い続ければ、肌はキレイになります。

 

若返りたいから、というのではなく

「老化を遅らせる」ということを目標にして

たっぷりしたお手入れを、きちんと継続させましょう♬

化粧品「もったいない」いつまで使ってもいい?使用期限の問題

タイトルとURLをコピーしました