スポンサーリンク

首のシワたるみ 放置か対策か?これついでにできるのに〜!

70歳の肌とメイク
スポンサーリンク

首のシワ、スキンケアついでにリンパを流せば変わるのに~!

首のシワたるみが目立ってきたら・・・

実は顔より首の方が老化は早いです。

実感している方多いかもー?

 

首は、重い頭を支えている

首は、成人で体重の約10%もあります。

体重が50kgの人なら、頭は約5kgあるわけですね。

お米でイメージすると、5kgって分かりやすいと思いますが。

首の皮膚は、うすくてデリケート

それに首の皮膚は、見かけ通りとても薄くてデリケート!

顔の皮膚の厚さは、約1.0~2.0㎜、相当薄いものですが、

 

首の皮膚の厚さは、顔よりもっと薄くて、約0.6~1.3㎜しかありません。

 

首は、働き者なのにおろそかに

こんなに薄い皮膚なのに、人間の首は左右上下、後ろにひねったり、とにかくよく動かしますよねー。

 

こんなに過酷な人間の首なのに・・・

顔のケアは一生懸命やっても、首はついおろそかに、なりがちではありませんか?

 

50を過ぎると、首のシワが目立つ方が少なくありません。

気にはしているものの、ついそのまま放置・・・

 

首は、人に見られる場所

ちょっとお洒落をするとき、首やデコルテをスッキリと出すファッションでは、首元は目立ちますね。

 

パーティドレスなど、襟開きが大きいものも多いですものねー。

 

人から見て、年齢を感じ取られやすい場所、50歳以降は気になりますよねー。

 

首は、ながらマッサージがいい

化粧水・美容液などをつけるスキンケアのついでに、リンパマッサージを追加するだけで、首のシワもたるみも、目立たなくなります。

そして、あごのラインもキュッと引き締まってきます。

簡単なわりには、私は効果を感じます。

 

首のシワ対策はリンパマッサージが有効!

リンパ液・リンパ管って何?

リンパ液は、血管からこしだされた体液です。リンパ管は、身体中に網目のように、無数に走っている細い管です。

 

リンパ管は、細いリンパ管が途中で合流、太い管になり最終的に鎖骨へ到着、静脈へとつながります。その途中、要所要所にあるのがリンパ節です。

 

疲れがたまった時や、睡眠不足が続くと、リンパが滞ってしまい、身体に様々なトラブルを引き起こします。

そして、身体や顔がむくんだり、シワが目立ったりもします。

 

放置すれば、顔のくすみが定着し、身体が重くなります。

 

リンパマッサージのポイント

リンパマッサージは、リンパの流れに沿ってマッサージをします。
リンパ節に向かって、そこにリンパ液を流すようにマッサージをすると、そこからより太いリンパ管へと流れていきます。
右手は右を、左手は左を動かす方がやりやすければ、どちらでも構いません。
マッサージに使う材料は、トロトロととろみがある化粧水、乳液、クリーム何でも構いません。ただ量をたっぷり取り、肌に十分滑ることが大切です。

1.あご先から、耳下腺方向に手を滑らせる

あご先から、耳下腺に向けてフェィスラインをさすり上げます。

とろとろ化粧水かクリームを、たっぷり手にとり、十分すべることが重要です。

 

2.首の付け根(頸リンパ節)

首の後ろの窪みと、耳下腺をポイントにして、そこから下へ流します。

 

3.鎖骨(鎖骨リンパ節)

左側の鎖骨付近は、静脈につながります。

全てのリンパは、最終的にここに流れ込みます。

その後、静脈から腎臓へ流れ、尿となって排泄されていきます。

首の上部から鎖骨に向かって、流します。

 

4.腋の下(腋窩リンパ節)

腕やデコルテ周辺のリンパは、腋の下に向かって流します。

                             

使う商材は、手が十分滑るものなら、何でも構いませんが、ポイントはマッサージをする手が十分滑るものを、たっぷり使って行うことが最も重要なことです。

 

日常的に行っていれば、きっとある日、

「○○さん、首がキレイねーシワがないもんねー♪」

って言われてリンパマッサージの効果に、気づく日が遠くはないと思います♬

 

タイトルとURLをコピーしました