スポンサーリンク

大人女史の「香り」年輪・生活環境により好みが変わる、活力の源!

70歳のファッション
スポンサーリンク

大人女史にとって香りが大切!

人の印象にいつまでも残る香り

お洒落の最後につける香りのお話ですが・・・

香りってその人を印象付けるものです。

大人の女性にとって、香りは大切!

 

昔のことですが、

会社にいる頃、中途で入ってきた女性が、

”う〜、なんだ〜この香り〜〟って思ったことがあります。

 

その人にとって、好きな香りだったそうですが、

私にとっては、好きになれない香りだったんですねー

香りは人によって、好みが分かれるのも事実ですね。

 

年代により変わってきた香りの歴史

20代後半に、最初に香りを購入したのが、有楽町にあった「香水専門店」でバラの香りを調香してもらって購入していました。いくつかの香りをブレンドして調香してくれるお店でした。

 

そのお店がなくなり、その後は

 

30代に入ったらシャネル№5番を使い続け、その後ココシャネルが特に気に入って、

 

40代には、ココシャネルを最も長く使いました。

 

50代以降は、ディオールのミスディオール、

 

次にシャドールと使いました。

 

年輪・環境で変わる香りの好み

香りは、年輪や生活環境によって変わってきますねー

シャネルの№5や、ココシャネルの濃厚な香りを好む時期がありました。

私史上、エネルギーが最高潮だった頃ですね。

 

基本的に、バラなどお花の華やかさを感じるものが好きでしたね。

 

仕事上でも躍動的なときは、華やかなものを好むんですねーきっと。

 

ディオールのシャドールを使い始めた頃は、華やかさとはまた違ったものを求めた感じがありました。

 

気に入った香りは、こんなに少なくなっても最後まで使います。

基本は香水を愛用していましたが、香りによっては、香水がなくてパルファンを買うしかなかったこともあります。

 

いずれも、持続時間は同じくらい持つので、大丈夫でしたが。

 

オーでコロンではなく香水を使う理由

何故、香水なのか?

理由は、朝一度つけたら、つけ直しをしたくないから。

オーデコロンやトワレを、使う方が多いかも知れませんが・・・。

香りもメイクも携帯しません

私、香水もメイク用品も持ち歩きません。

1日に何度もつけ直したくないので、香りが持続する香水をつけ、持ち歩くことをしないのです。

ランチ後につける口紅のために、手鏡と口紅、リップブラシだけをバッグのポッケに入れていました。

 

何しろ、荷物を軽くしたいので、できる限りバッグの中は最小限にしていましたね。今もその点では同じですね(笑)

 

仕事がら、朝のメイクで崩れないように、特にベースメイクはしっかりしておきます。

そのためバッグの中に、メイクポーチを入れて持ち歩くことはありません。

 

国産は香りが強くて、持続時間が短いので使わなかったですね。その頃は。

今は、買っていないので分かりませんが。

 

裾にひと吹き シュッ!

出かける直前に、香りをひと吹きします。

ジャケットを着ていればジャケットの裾に

スカートを履いていた頃には、(今は全く履かない)スカートの裾にひと吹きします。

 

それで「よしッ!」と気分は仕事モードになれるのです。

 

最近はアロマオイルを楽しむ

シニアになってからは、アロマの効果を身体に取り入れたいと思うようになり、アロマオイルを自分でブレンドして身体につけながら、香りも同時に楽しんでいます♬

現在使っているアロマオイルは下記の2種類です。

 

ベルガモットオイル

ベルガモットオイルは、ストレスの解放とエネルギーを呼び戻す効果的な精油です。

他にも多くの効果がありますが、常に気持ちを楽にリラックスできる香りとして選びました。

 

レモン

冷えの防止や感染予防、レモンの香りを嗅ぐと唾液が分泌されるので、消化を助けてくれます。爽やかな気分でいられて、邪魔にならない香りとして選びました。

 

ベルガモット+レモンを組み合わせてボトルに入れています。

 

出かける時に、手首の内側にローラーでつけます。

安価で使いやすい精油です。

現役が終わっても、香りは背筋をシャキッとさせてくれますね~♪

シニアになっても、”香りのないおばさん〟にはなりたくないな〜💖

 

タイトルとURLをコピーしました