スポンサーリンク

40代、幸せな家庭を持つ友人、しかし将来の年金には不安がある

70歳の健康と暮らし
スポンサーリンク

40代、今幸せいっぱい!でも将来の年金不安が!

とっても久しぶりの友人と会う時って、なぜかドキドキ、ワクワクします。

 

独身の時と今、結婚して家庭をつくり、子どももいて、妻と親という2つの役割も持っている彼女は、どうなっているのかなー?

想像がつかなーい???

 

誰もが憧れるカッコイイ女性でした!

独身の時の彼女は、まさに独身貴族といった雰囲気をもっていました。

 

誰からもあこがれを持たれて、男性からも物凄いモテ方でしたから。

 

小柄ながら、スタイル抜群で、なんといってもお尻のカッコよさったら・・・

 

お尻のほっぺがぷくっとして、キュッと上がっているのですから、まさに“小股の切れ上がったいい女〟なのです。

 

当時「あなたは、どうしてそんなにお尻がきれいな形をしているの?何かエクササイズでもやってるのー?」と聞いても「特に何もやっていない」と。

 

外見だけでなく、女性としても、とても魅力ある女性でした。

 

そんな彼女の心を射止めた男性は、いったいどんな男性なのだろうか?と。

 

それを聞きたくて、心躍らせながら約束の場所に出かけていきました。

 

“変わってない!あの頃のまんま!

会った途端に話が弾み、切れ間がない!

 

きっと10年位は経っている筈なのに・・・その頃と同じ、いやそれ以上に話が弾むのです♪

彼女推薦の、飯田橋の魚卵専門のビストロで、2時間のお食事と会話を楽しみましたが、魚卵が惜しみなく入っているお料理ばかりで、どれも美味しかったですねー

家事に協力的な夫に恵まれて幸せ〜

戸建ての家を買い、ジムに通い、好きな陶芸教室を開催している主婦ですが、

そこには、将来の不安も。

年金が心配だというのです。

 

40代後半から、年金のこと考えるんだな〜と

私はこの頃、将来の年金なんて考えていたかなー?

多分、全く考えていなかったように思う。

40代から老後資金の不安がある

毎日のようにテレビで話題になっている、老後資金「2.000万円不足問題」

 

この発表を機に、考えることになった方は多いでしょうねー

 

でも情報自体が、どれほど自分に当てはまるか?不明です。

 

だって、環境条件、夫婦2人か1人か、持ち家か借家か、健康状態、定年後何年生きるかなどあまりにも違っていて、平均なんて言われても・・・。

 

平均値がでていても、ただ単に上下を半分に割っただけの数字なので、意味ありません。

 

夫が亡くなれば、年金は一人分だけです。

個人資産がなければ、食べていけなくなるのです。

年金の無駄遣いとお粗末な管理体制

年金が豊かな時代には、国は無駄な施設をたくさん作り、使わなくなれば二束三文で処分をしたりしていましたね。

年金無駄遣いの象徴である、グリーンピア指宿などいくつもの無駄な施設を99億もかけて建設して、不要になったからと売却費が1億ちょっと!

 

これほどバカげた話、ありますかー?国民から集めたお金で好き勝手に、やり放題です‼

 

途中、「消えた年金問題」が出て、政府は「最後の1人まで探し出します!」と、あの頃の舛添さんは言っていたけど・・・。

 

“消えた年金〟私も自分がかけていた全てを納得していただいているとは思っていません。

 

何故、いまこの問題で不安をあおる必要があるのー?

 

老齢社会になったら年金が不足するなんて、2019年に高齢者がどれくらいの人口になるかは、そんなこととっくに予測できた筈でしょ!

 

もっと早くから、手を打つことがあったのではないですか?

 

そして、何故いま発表するのかが分からない?

一旦受け取っておきながら、立場上都合悪くなったから「受け取りません!」なんて金融庁をバカにしているし、国民を欺いている!それで通ると思っているのが不思議!

 

将来は、国を当てにせず自分たちで考えるしかないと私は思います。

 

今回のことは、国民に年金への不安をあおっただけになりました。

 

友人は、とても魅力的な女性、彼女の自立を応援したいと思います。

頭の回転も速く、笑顔がチャーミングで切れ味よく、私は大好きです。

 

自分を生かせるものは何か?を模索していますね。

私も、心から応援したいと思っています。

家庭を持っても、女性は自分の世界を持ち、力を発揮し、自分らしく輝いて生きていけると私は思っています。

 

100%夫頼りの人生より自分の世界も持つ方が!

人生何があるか分かりませんし、100%夫を頼りにして生きていくのではなく、自分だけの世界を持つことで、世界観が拡がり、イキイキと輝きます。♬

 

友人のように、40代から老後を考えて備えれば、自分の人生豊かなものになる可能性が高いですね♪

タイトルとURLをコピーしました