スポンサーリンク

70歳のファッション、顔映りのよいキレイ目の色、ゆったりと着る!

70歳のファッション
スポンサーリンク

71歳の私、洋服選びの基準5項目

✤顔映りがよい

✤ 締め付け感がない

✤ スタイルが丸出しにならない

✤ コーディネートがしやすい

✤ 着やすい素材感

年々、選べるファッションが変わってきました。

気持ちよく着ることができる条件が違ってきました。

 

最近、購入したお気に入りのお洋服をご紹介します。

 

顔映りの良いキレイ目の色

トップスとインナーに、キレイな水色のロングベストと、セーターのセットアップです。

明るい色ですが、落ち着いた水色です。

色が飛ぶこともなく、顔映りがとてもよいです。

 

60歳以降の顔は、どうしてもくすみが出やすいので、色によっては、本当に暗くなってしまいます。それだけは避けたいので。

 

顔映りが良く見える色とは?

顔映りがよい条件とは、

✤ 目の下のクマが目立たないこと

✤ シミ・ソバカスが目立たないこと

✤ 顔が大きく見えないこと

 

この反対なら、その色は似合わないと考えられます。

似合う色は、欠点を包み込んで、目立たなくしてくれます。

似合わない色は、欠点を全て目立たせてしまいます。

シニアの私たちが洋服を選ぶときは、こんなことが大切になると思います。

 

形を選ぶ

私は、身長が153㎝なので、できるだけ縦長に見える形を選びます。

そしてボトムも、太さや長さがはっきり見えないものを選びます。

 

これは、スタイルもカバーできて、背が低く、短足の私にピッタリです(笑)

ニットなので着やすくて、とても便利なセットアップです。

 

ボトムに、ニットのゆる〜いパンツを組合せて着て見たのですが、

さすがにこれは1回だけで終わりました。

シニアのファッション雑誌をみてこのパンツ、買ってみたのですが、背の低い私には少々無理を感じました。

 

結局、普通の濃いグレー系のパンツと、グレーの靴を合わせることが多いですねー

 

あ、これ写真のとり方、バランスが悪い・・・

ロングベストの丈が短く見えますが、もう少し、長めですねー

パンツの置き方が悪い!

セーターを単独で着て、ジャケットを組み合わせたりしています。

濃いグレーのジャケットを組み合わせることが多いですが、どんな色でも合いやすくて使いやすい、私にとっての逸品です。

タイトルとURLをコピーしました