スポンサーリンク

「糖化」は老化の原因【羽鳥慎一M】生・茹でOK、焦げた茶色はNG

70歳の健康と暮らし

2019年2月25日 羽鳥慎一モーニングショー

テーマ:老化を進める原因物質「AGE」正体

山岸昌一(久留米大学医学部教授)

スポンサーリンク

「糖化」は老化を速める物質

この番組のテーマは、私にとってはドキッとするものでした。

最近、少し暴飲暴食?暴飲はしないけど、

暴食ぎみ・・・何せ食べ物がおいしくて仕方ないのです!

それに私は、甘いものなしでは生きていけない人間です。

糖化は、シワにも影響するって言うけど、このシワ、そのせい?

近年、「糖化」が問題視されています。

私は、糖化が気になりながらも、好きなものを食べることを優先の暮らしになっています。

「AGE(終末糖化産物)」は老化を速める物質だった!

タンパク質と糖が結びついてできる物質で、

これが、老化を速めるということが判明しているそうなのです。

AGEは、100年も前から発見されているそうですが、

老化との関連が分かってきたのは、20年前位からだそうです。

糖を摂り過ぎると、糖とタンパク質が結合しやすくなります。

身体に入ると、体温の熱で糖化反応が進むそうですね。

これが続くとタンパク質が劣化して、AGEが作られるということです。

AGE蓄積のサインは身体が硬く、弾力を失うこと

あ~私はこれだーと思いました。

身体が硬い! 皮膚の弾力が失われ、ハリがない!

老化物質「AGE」は一度、身体に作られると、

元の正常なタンパク質に、戻らなくなってしまうといいます

40代から注意!AGEを蓄積している人といない人との差が

AGEは、生まれた時から体内に蓄積するそうですが、

それが40代になると、蓄積している人と、そうでない人との差がはっきりと

出るようなのです。怖い!

40代から要注意なら、私たちは、どうなっちゃうの~?

60代、70代はあふれるほどのAGEを貯めているかもねー

遅いかなー

イ~ヤイヤ、これから増やさなければ、これ以上の老化はない!

これまでの分は目をつぶることにしよう!

老化物質(AGE)が身体にたまると、臓器の働きが落ちる!

番組では、10代・30代・90代の、顔の皮膚の断面写真を紹介していました。

老化物質のAGEは、年代が高くなるほど蓄積されているといいます。

身体にたまると、細胞の柔軟性や弾力性が失われて、組織がもろくなります。

人間の身体は、沢山の細胞からできていますが、

タンパク質がAGE化すると、働きが悪くなり細胞の機能が落ちることになります。

細胞からできている、各臓器のはたらきも悪くなり、モロくなるそうですね。

老化物質(AGE)がたまると肌のシワ・動脈硬化に!

血管にAGEがたまると、ひざや股関節の痛みにつながるそうです。

え~この歳になると、みんな膝に問題があったり、

転んで股関節を痛めたり、関節に問題を抱える人が多くなるのに・・・

目に蓄積すると、白内障や視力の低下につながるらしいのです。

まずい 私、白内障手術をしたばかり、

糖化をもっと注意して改善していれば、

白内障は、そんなに進まなかったのかも知れないってことー?

ま、いいか!遅かれ早かれ、白内障にはなるんだから・・・

熱を加える調理に注意!

火を通して調理したおかずは要注意ですって!

お料理をたくさんする人は大変ですね。

食材に熱が加わると、タンパク質と糖がくっつきやすくなるので

温度を上げる調理法は、どうしてもAGEが増えてしまいます。

パンを焼いたり、揚げ物をしたりで焦げ付く、これがAGEの素だそうです。

AGEは、生が最も少なくて、油で揚げると増える

揚げ物は、特に温度以上にAGEができやすいと言われます。

焦げた色、(茶色)は糖化した色

朝食のパン、どうしょうかな~

パンは必ず焼くものねー

紫外線も敵!

紫外線を浴びると、肌のコラーゲンが傷つき「AGE」がたまりやすくなります。

やはり、紫外線は有害あって一利なしだー

睡眠不足・ストレスもAGEを増やす

睡眠不足が続いたり、ストレスがたまると、交感神経が優位になるために、AGEが増えるようです。

睡眠不足は、絶対に身体を守れないですねー。

私!夜は、何を置いても早く寝る!

これを心がけています。健康な明日のために!

食生活の大切さを痛感しましたね。

やっぱりーって感じですね。

分っちゃいるけどできないのが食生活!

でも、そんなこと言ってられない!

やらなければ!

もう、これ以上老けたくないので、

少しでも、何とか頑張りましょう♬

できる限り、生or蒸す調理で!!!

タイトルとURLをコピーしました