スポンサーリンク

70歳以降「どう考える?私たちの白髪について!」

70歳のヘアー
スポンサーリンク

3歳差の妹との会話から

昨日、妹とお茶を飲んでいたら、

妹「髪の毛のばしてみたんだけど、老けて見えるかしら? どう?」

妹は私とと3歳違いですが、妹は染めています。

 

私「若く見られたいの〜?」

妹「うん、若く見られた〜い」

私「いつまで染め続けるの〜?

染めることは止めて自然体で!

私「私はね、若く見られなくていいと思ってる!素敵なシニアを目指すことに決めたのよー!

自然体でねー。だから、もう染めることは止めたの!」

 

私「これから若く見えるためには、相当頑張り続けなければいけないし、」

私「染め続ければ、ダメージはもっと増えていくしねー」

私「キレイなグレイヘアになるまで何年か、かかるけどねー」

 

気づき!

妹「そうっか、素敵なシニア?そうならそれでもいいねー」

私「シニアなんだからシニアでいい、カッコいいシニアになればいいと思うの。」

こんな会話が続きました。

考え方、とらえ方が分かれば対処法もあるというものですよねー。

シニア世代、もっと自然に楽に!

染めるも染めないも自由でいいと思うのですが、

若く見える!それも自然体なら、それでいいと思います。

特に若く見える訳ではないけど、何だか素敵に見える!

どちらも自分が居心地が良ければ、それでいいと思います

 

無理に、若作りが素敵に見えますか〜?

老けるのはよくないと思い、一生懸命若さを維持しようと頑張る、そのエネルギーはスゴイな〜と思いますが、もう頑張りすぎなくてもいいんじゃないー♪

 

頑張りすぎは、痛々しい・・・

歳をとったからって、「若く見えるように!」という意識をそろそろ変えてもいいのでは?と私は思うのですが・・・。

自分が「歳をとった」と感じるのは“白髪が増えたと感じた時〟と答える人は多いのですが、

白髪は悪いことのようなイメージがあるのかも知れませんねー。

「あら、白髪が増えちゃって・・・嫌だわ〜」

と確かに私も思いましたねー。

 

明るい色が似合ってきた

でも最近、感じることがあるのです。

グレイヘアに向かっていて、まだゴマ塩段階ですが、

この頃、色の明るい洋服の方が似合うような気がしているのです。

柔らかくなって、きつい色は着たくないなーという感じです。

黒が多かったのですが、今は、ピーチ系のピンクとかキレイな青とか、着たいですねー。

 

私は今、「早くもっと白くなれー」という思いです。

染めることが当たり前の時代から

これまでは特に何も考える事もなく、当然のように染めてきた方々が、最近は自然体でいきたいと思い始め、染めることをやめるシニア女性が増えているそうです。

 

雑誌で、グレイヘアが話題になっていることが、多いに影響していると思いますが。

 

50代から白髪が多くなる人もいますが、その年でも“染めない〟”自然体で素敵にカッコよく生きていく!こんな方が多くなりました。

スゴイ、カッコイイと思っちゃいますねー。その生き方が!

 

素敵に見せるには、白も黒もケア次第

白髪でも黒髪でも、日常のケアは必要です。

髪をキレイに見せるには、白でも黒でも、ちゃんとブローをして形を整えることが大切なことだと思います。

 

私は、薄くて細く猫っ毛なので、ブローなしでは全く見られません。

ブローで乾かす時に、根元を立上げ、ふんわりとボリュームを出します。

白髪の固まった部位は、白髪の流れをつくり、それを生かしています

 

きっと皆さんの中にも、迷っていらっしゃる方も多いと思います。

私も何年も迷いました。

決断するとうんと楽になります♪

タイトルとURLをコピーしました