スポンサーリンク

70代の節目で「素敵なグレイヘア」に向かっています!

70歳のヘアー
スポンサーリンク

70代の節目で“素敵なグレイヘアに向かう!と決めた!

70代の節目で、私はグレイヘアに移行することに決めました。

 

髪によくないことは、しない!

 

自然のままの美しさを生かす事を頑張る!

 

はじめての美容室でスタイルが気に入ったが

グレイヘアを決めて、たまたま紹介されて、美容室も変えました。

 

そこで、はじめてカットしてもらったスタイルが気に入ったのです。

 

これが幸運でしたね。

 

3回同じスタイルで、とても形が気にいりました。

4回目でちょっと違う雰囲気に?

ところが4回目になると、少しサイドが長かったりして、雰囲気が違います。

 

ショートなので、長さが少し違うと雰囲気が変わるのですね。

 

やっぱり、最初の方が 私の好みに合うので、

 

次に美容室へ行ったとき、話をしてカットしてもらったのですが、

また長いような感じです。

 

私はクセッ毛があるので、長さが中途半端ではうねってしまいます。

 

また次、話して、今度はうんと短くしてもらうつもりです。

 

やはり、同じ長さを一人一人きちんと、覚えているのは大変なのでしょうねー。

 

カットが終わると、手鏡で

「如何ですかー?」と言って見せてくれるのですが、

 

キレイに仕上げているので、それほど悪くも感じない、

 

それと、折角キレイに仕上げてもらってから、「あ、もう少しここを」と言うのは

 

ちょっと悪い気がして、私でも言いにくいものです。

 

美容室「お任せしま〜す!」は止めた!

これまで私は美容室に行くと、「お任せします」と言ってやってもらってきました。

 

私たち世代は、いちいち細かく言うより「お任せタイプ」多いんじゃないかと思うのですが。

 

考えてみたらこれはマズイ、

 

「任せるからどうなっても大丈夫だから!」と言っているようなもの。

 

美容師さんは、大勢の方をカットしているので、例えカルテに記入していたとしても、

活字で書ける範囲なので、細かいところについてはしっかり、伝える必要があると思いました。

 

1回カットしたら、気にいらなくても1か月は我慢になるので・・・

 

ヘアースタイルは顔の額縁、重要!

最近の流行りから、「抜け感!」としてラフなスタイル、崩した感じが流行りですが、高齢者にはこれは限界があると思います。

 

髪にハリがあり、ツヤもある髪なら素敵に見えるかも知れません。

 

しかし、パサつきがあり、ツヤ感もなくなった髪の毛が、空気感が必要だからと言って

顔の周りにダラダラと無造作にたらしていても、「素敵なシニア」には見えないと思うのです。

 

ラフスタイルが過ぎると、ただの「疲れたおばさん」にしか見えません。

 

硬すぎるのは、昔風に見えてよくないですが、

 

ここが、美容師さんの腕の見せ処ですね

 

グレイヘアに心が動いた「グレイヘア」雑誌

グレイヘアに決めるまで、私は相当年月を要したと思います。

 

心が動いたのは、

 

主婦の友社から出ている、「グレイヘアという生き方」という雑誌でした。

 

元アナウンサーの近藤サトさん、ロングのグレイヘアスタイルの美しさ!

 

歌舞伎の市川海老蔵さんの母上、堀越希実子さんのショートカットのグレイヘア!

 

他にも「グレイヘア」の雑誌が4.5冊出ていました。

 

本に出ているモデルさんのグレイヘアは、どれも美しくて、私には魅力的でした。

 

いつまで若く見られたい?

黒髪の方が若く見える

 

しかし、いつまで染め続けるのか?

 

若く見せるのではなく、「素敵なシニア」を目指せばいいじゃないか!?

 

ファッションの幅が広がるし、悩むことはない!

 

そう決めて、染めることを辞める決意をしたのです。

 

グレイヘア移行期

完全なグレイヘアになるまで、数年かかります。

その間、どうするかが問題なのですが、

 

黒髪をあいまいに見せるために、黒を弱めるグレイの色を染めるとか色んな工夫を

する提案もありますが、私は、髪のために一切染めないことを決めました。

 

なので、もう染めることはしません。

 

ひたすら、グレイヘアに向かいま〜す♪

タイトルとURLをコピーしました